読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャズベースの口説き方

ジャズベースとjaco pastoriusをこよなく愛する、新人Webライターによる改造日記。ジャズベースから好かれる男になるためのモテテクhow toを面白おかしく、真面目に発信していきます。※女性ではなくジャズベースからモテるためのブログです。

bareknuckle pickups J-bass60'sHF

みなさま明けましておめでとうございます。

年明けから早2週間となりますが、相変わらずネックのオーダー品は連絡も来ず・・・。

 

じゃあ書く事ないだろ、というとそうでもないんですね。

信販売大好き、ジャコネット北川ですので。

なんだかんだちまちま買っては放置しているので、新しいパーツを常にいくつか手元にストックしているのですが、今回はご紹介するのはこちら。


f:id:Zimpatch:20170116090820j:image

 でーん

 

Bareknuckle pickups J-bass60's HF

BareknuckleのHPはこちら

Bare Knuckle Pickups, UK - Hand Wound Guitar and Bass Pickups

 

ギターでは何かと話題にあがるメーカーなのですが、私は教えていただくまでジャズベース用のピックアップを展開しているとは知りませんでした。

 

ギターを弾かれる方はご存知の通り、ラウド系の高出力なピックアップが人気を集め、確かなクオリティとモダンなサウンドで結構値段もします。

人気どころだとafter mathやjuggernautでしょうか。

その他miracle manやバータイプのblack hawkなんかも有名です。しかし、どれも数万はしてしまう。確かにピックアップを交換すると音が顕著な変化を見せるので、まるで別の楽器を買うような感覚です。

もちろん、モダンだけでなくビンテージ系にも強く、P.A.Fを徹底研究しています。

そして音の良さはもう先人達を見ても分かる通り、期待を裏切るものではありません。

 

え、じゃあベースもそれなりに高いんじゃないの?だってこの人、定番のALBITとかSANS買わないで昔のボロボロのプリアンプに当時の定価以上のお金払っちゃう人でしょ?信用できないわ。メインで使ってるピックアップもSeymour DuncanのWeather Report?あんな高いピックアップを平気で「ジャコのため」とか言って買う人の言うことなんか信用できるかよ。

 

そんなあなたに朗報です!

 2017年1月16日現在

1GBP=

137.6419円(裏声)

5年前よりは高いですが、ここ数年の200円に届いてしまうのではみたいな勢いもなくなって140円以下です。

 

更に!こちらのbareknuckle pickups 60's HF、PEモデル、なんと

112.50£(ポンド/听)(裏声)

 

日本円にしておおよそ15,484円でございます。

 

私はたまたまイギリスが円を買ったタイミングで輸入したので送料込で16000円もいかない程度で済みました。

 

今ならなんとステッカー
f:id:Zimpatch:20170116230218j:image

とオリジナルピック
f:id:Zimpatch:20170116230231j:image

特製コースター
f:id:Zimpatch:20170116230253j:image

の3点セットがついて

ジャコネット価格、 

112.50£(ポンド/听)(裏声)

 どうですかみなさん!お得ですよ!
f:id:Zimpatch:20170116232439j:image

 

お電話お待ちしております!

 

安いですよね。

しかもこれ60年製のスタックポットを前提としたモデルなんです。エナメルワイヤーも42AWGのヘビーホルムバールワイヤーというもので、こちらはKleinが出している54年モデルのストラトタイプピックアップのリプレイスメントでも使われているようなビンテージを完全再現するためのワイヤーでございます。

本当はネック届いたら試そう、なんて考えていたのですが、家にあるなら音を出したくなりますよね。

 

という訳で実験体となっているフェンジャパちゃんに載せて音を出してみたんです。

 

結構迫力のある低音に、ドンシャリ気味なキャラクター。だけど、パッシブとしての美味しい劣化というか、圧が強い訳では無いという使い勝手の良いサウンドでした。こいつがエポキシ指板のジャズベースに載ったら結構いい線いくかな、という感じです。

 

しかし、こちらのモデル2パターンありまして、PEてのもあるんですね。

 

詳細があんまり分からないというか商品説明もなんだかふんわりした内容で明確な違いが分からないのですが、ハイがより強調されたものみたいです。

個人的にはPEの方が求めている音には近そうではあるのですが、まずはbareknuckleのオーソドックスなビンテージトーンが知りたくてHFを選択しました。

 

という訳でPEをお持ちの方やこれから買う予定の方、是非試してレビューをください。多分買います。

 

ただ、これまでフェンジャパ、フェンダーUSA、Seymour Duncan、Voodoo、Lindyとフェンダー系を試して来ましたが、それらに比べるとパンチが強くていくらかモダンな響きもあるように思われます。使えるビンテージ、という感じでしょうか。

残念ながらWeather Reportを完璧に越えるものではないのですが、価格を考えるとめちゃくちゃコスパが良いです。ハーモニクス再現度ピッキングへの追従性、出るところは出て、余計なものがない理想的なジャズベースのサウンドキャラクター。

音の解像度やパンチはWeather Reportに軍杯があがりますが、他のリプレイスメントピックアップに比べると、とにかく価格面と費用対効果の良さでは頭一つ抜けている印象です。

 

ちなみにキャパシタはとりあえず、


f:id:Zimpatch:20170116145057j:image

ということで0.035μF200Vのワックスタイプにしました。このあとAjaxの0.047を試してから0.05のセラコンに落ち着くかなと予想しています。

 

グレードアップさせたいジャズベースにbareknuckleのピックアップはいかがですか?

きっと期待に応えてくれるサウンドになりますよ。

私はサブベースもこいつに替えようと画策しております。

 

さて、今回はこの辺で。

 

では