ジャズベースの口説き方

ジャズベースとjaco pastoriusをこよなく愛する、新人Webライターによる改造日記。ジャズベースから好かれる男になるためのモテテクhow toを面白おかしく、真面目に発信していきます。※女性ではなくジャズベースからモテるためのブログです。

【コンポーネントジャズベース】ボディオーダー編

誰にでも憧れの一本がある
f:id:Zimpatch:20161101202820j:image

楽器好きの方なら1本は欲しくなるのがビンテージ。

しかし、ビンテージは高いですよね。7桁とか平気でありますからね。1950-60年辺りなんかは最早流通も少なくて手に入れるのにも車が買えてしまうようなお金を用意しなくてはなりません。

 

コンポーネントで作るオリジナルジャズベース

今回は、現在進行形で取り掛かっている「お金が無くても安く組めるコンポーネントジャズベース」の進捗具合をご報告したいと思います。

かなりナイスな工房もご紹介しますので、是非是非チェックしていってください。

 

その前に企画背景を

今回の企画は既存のベースを買ってきて改造をする、というものではなく、完全に1からパーツを選定して自分好みのジャズベースをなるべく低価格で組む、というのが目的です。

クラプトンのブラッキーなんかもそうやって組まれたみたいなのでね。ブラッキーは56、57年のコンポーネント(と言っていいのか)
f:id:Zimpatch:20161102192201j:image

予算は100,000円

エントリーモデルを卒業したい、そろそろ2、3本目を・・・という方向けに、かなり低めに設定しました。 

勿論、同価格帯の市販品より劣る内容であればこんな記事は書きませんが、この金額で自分の思い描く音が出せて、見た目も好きな物が手に入ると考えたら安いと思います。

 

大まかな内訳を先に書くと

  • ボディ・・・¥ -40,000
  • ネック・・・¥ -30,000
  • その他(PU込み)・・・¥ -30,000

当然ながらアッセンブリーを安く上げれば見た目のみなら理想のベースは6万円で組むことは可能です。

という感じ。超大まかです。

10万円で買えるベースはだいぶ限られてきます。同価格帯のジャズベースで考えればfender Mexico、Bacchus、Edwards、shecter辺りでしょうか。ヤフオクなんかで運良く安く手に入ったとしてもfender USAがギリギリ。Crews maniac soundやsadowsky、atelierZなどは手に入っても10万は超えたり、ジャンクなどでそれこそ弾ける状態にする方が難しい。

 

その辺りを狙っている方に、オススメしたいという思いで企画しました。当然、私も自分が欲しいジャズベースを作りたいと思ったからなのですが・・・。

 

さて、前置きはこの程度で、本題に入っていきましょう。

今回最もハードルが高いと感じるのはやはり、''輸入''でしょうか。

 

【世間を賑わせた大統領選挙の影響で円高の今、チャンスですよ】

 

 そこら辺も上手くやるコツなんかと一緒にご紹介したいと思います。

 

パーツの選定

まず、今回の記事で扱うのはボディです。

ヤフオクやHARD〇FF巡りが日課の私は、それこそ安くて良い物を日々探していますが、そううまい話はありません。中古の狙い所は人気のfender japan JV、Eシリアルですが、予算上高額であったり、出回っていないので断念。

 

そこで、オーダーしようという結論に至りました。セミオーダーという手段ではWarmoth(Warmoth Custom Guitar Parts)なんかが有名ですね。価格的にも良心的で、オーダーシートも難易度が低いのでオススメですが、今回私が個人的に欲しいのはヴィンテージライクな見た目。しかし、オーダーとなると話は別です。レリック加工で+10,000円とかもよく見かけます。

「やっぱオーダーなんて高いんじゃないの?」

と、当初は思っていたのですが、

丁度友人の髙橋和希君(Kazuki Takahashi (@kazukinglish) | Twitter)

から有力情報を耳にし、調べて見ることに。

それが今回オーダーさせて頂いたMJTというアメリカの工房なんです。

 
f:id:Zimpatch:20161102192812j:image

 

Home - MJT Custom Aged Guitars

 

  • ヴィンテージが好き
  • 上質なレリックは好き
  • Fenderが好き
  • 材はそこそこ良いものにしたい

そんな方にオススメです。

いくつかサンプルとして作品例を挙げておきます。とにかくレリック技術が素晴らしいです。

 

MJTのレリック技術
f:id:Zimpatch:20161102192903j:image

使い込まれたようなリアルレリック
f:id:Zimpatch:20161102192914j:image

こちらはオーラのあるヘビーレリック。

レリックの度合いはNOS(New Old Stock)品からLight、medium、heavy、super heavyとお選び頂けます。しかも程度によるアップチャージは無し。
f:id:Zimpatch:20161102192932j:image

綺麗なウェザークラックもこの通り。


f:id:Zimpatch:20161102204224j:image

スパイダーウェブも出来ちゃいます。

 

クラックとは

ウェザークラックは経年変化の一つで、ラッカー塗装だと表れやすい現象です。温度変化によって塗膜が伸縮して、割れてしまう事を指します。

クラックにも種類があり、スパイダーウェブはあまり自然には形成されにくいのでビンテージマニアの方にはバレてしまいます。

綺麗な横線でキメ細かいラインがビッシリ入っているとリアルですね。

 

個人的にはレイクプラシッドブルーでクラックビッシリなものがツボです。

 

実はこのMJT、Allpartsからマテリアルを選定して、塗装、レリックを行っているようです。


f:id:Zimpatch:20161102194114j:image

Allpartsはサウンドハウスさんや楽器店などでパーツを買われる方にはお馴染みですね。私もよくお世話になっています。

 

そんなMJTでボディオーダーをした理由は''安くて確かな技術を持っている''という点です。

レリックモデルを販売しているメーカーはかなりの金額を積んでもそんなにリアリティがありません。汚しが足りないんです。

それを低価格で満たしてくれるんだから選ばない他ない。

国内だとMines guitar studioMines Guitar Studio | 祝☆新店オープン! | まいぷれ[豊中市]さんは完成形6万円代で安いですね。1から組むのが目的でなければそちらもオススメです。持ち込みオールラッカーリフィニッシュなども安価で請け負ってくれるそうなのでオススメです。

  

オーダー方法

私は英語に堪能な友人がやってくれたので鼻をほじりながら「あーして欲しい」「こーして欲しい」と偉そうに言っていたのですが、

そればかりでは読んでくれている方に面目が立たないので、どんな感じで頼んだのか、どんなオーダーだったのか、を振り返ります。

実際のメールでのやり取り(個人情報など改変)を公開します。ちなみに和訳は超適当です。ニュアンスでどうにかなります。

 

(便宜上、こちらのメールは太字

MJTからのメールは斜体で統一しています)

 

まずは、HP内のcontactからメールを

If I order two bodies,it'll be ---usd each,right.

I want my bass body be this colour with super heavy relic like Jaco Pastorius is jazz bass that I send.

もしオーダーするとしたら2個頼みたいんだけど、安くなりませんかね(ジャブ)

雰囲気はスーパーヘビーレリックでジャコっぽいの頼みたいんだけど、写真送るからそれみたいなやつでお願いします。

 

細かい指定があればここで文章も添えるとより確実になります。写真もわかりやすいものにしましょう。

ちなみに僕は以下の写真をいくつか送りました。

文章は髙橋君に英訳していただきました。

ご参考までに掲載しておきます。
f:id:Zimpatch:20161105163521j:image

f:id:Zimpatch:20161105164558j:image

(もっと画質の良いものを選びましょう)

 

 私たち

My friends wants u to build a bass body based on this jaco bass( no red color finish just under the pick guard)
•heavy were & many checkings

僕の友達(私)が作ってほしいのはジャコのヤツ(ピックガード下は赤省略してほしい)

レリック絡めクラックマシマシで

 

And the balance of sunburst at the back is like this (black part is hidden by neck plate)

ボディバックのサンバーストは写真みたいな感じで(黒のラインがネックプレートに隠れるようにしてほちい)

 

要望を伝え、総額と振込先の連絡待ち

MJT

HI 〇〇……everything is looking and sounding good to me! So the two bodies will run $--- plus $90 shipping. I’ll send over a Paypal invoice for the $--- after this and we’ll get started :-)

全部良さそう!(適当)2つのボディは〇〇ドルで、送料$90かかるよ。総額××だから、支払い確認したら取り掛かるよ(  ͡   ͜   ͡   )

 

今回はPayPalを使って支払いしました。PayPalの登録は日本語でできますので楽々です!

 

支払いが終わり、テンション高めな返事が来ます。

Hi,〇〇……we got the payment, thanks so much! yes, we can do alder bodies for you guys.

I'm going to turn you over to my MJT crew member Wendy jenny and she'll take good care of you moving forward as your project manager.look for email from her today or tomorrow to touch base ;-)

支払いありがとう。おっけー!君たちの言うアルダーボディ作るよ〜

MJTのメンバーであるウェンディに引き継いで、彼女が君たちの注文の指揮を取って、計画を進めていく旨を今日か明日にはメールで送ると思うよ〜(  ͡   ͜   ͡   )

 

ここからは担当のウェンディジェニーに変わります。

Hi 〇〇
Thank you for your order!
My name is Wendy Jenny and I will be happy to help you with your project moving forward.

 オーダーありがとうやで!

ウェンディジェニーと言いまんねん。兄ちゃんの企画を進められることを嬉しく思っとるで

I see that you want 2 J Bass Bodies! Nice. J
There are just a few questions I have for you before we get going.

J Bass 1—(Your J Bass)

I show that you want alder wood and a 3 tone burst with heavy aging like the pic you sent.

-Do you want lacquer cracking? If so, do you want the broken glass style or the more linear style?

-Do you want dirt in the cracking?

 要望は分かったで

いくつか確認なんやけど

-クラックはどないする?グラス状(ウェブ)かライン状かってのと、

-クラックの汚しはいるんか?(クラックのラインをハッキリさせる?)

J Bass 2 (Your friend’s J Bass)
Alder for the wood and a 3 tone burst with no red color finish just under the guard and the neck plate over the black on the back with aging like the pics you sent.
-Does your friend want lacquer cracking? If so, do you want the broken glass style or the more linear style?

-Does your friend want dirt in the cracking?

 お前の友達も以下同文や

 

といった内容で返ってきます。

 

勿論、クラックビッシリ汚れマシマシで、と注文しました。

(ここに来て原文喪失しました・・・。)

レリック豚は欲望に忠実です。

とにかくめちゃくちゃに汚してほしい!と自暴自棄な少女のように頼み込みました。

 
f:id:Zimpatch:20161107203108j:image

途中、「塗ったで〜」と連絡をくれました。

写真付きでメールが来ます。なかなか親切です。この間、催促などはしていません。

海外製品などは度々進捗メールがなかったり、期間が空いたりする、といった問題もあり、そこがきちんとしているMJTに私は惹かれました。

 

Hi 〇〇
It is on the way!

Here is your UPS tracking number:

123456789jaco987654321

Thanks again! It was a pleasure working with you. Let me know when you’re ready for the next project. J
Take care and enjoy the guitar!
Wendy

途中経過やで

これは兄ちゃんたちの追跡ナンバーやで

123456789jaco987654321

いやぁー、楽しかったわ。次もよろしく頼むで

ほな、ギター楽しんでな

ウェンディ

 

それから10日程で届きました。

オーダーの連絡から3ヶ月ほど。

 

いやぁ途中途中、経過を送ってくれていたこともありますが、想定よりも早く、そして素晴らしいボディが届きました。

 

到着

f:id:Zimpatch:20161107205836j:image

軽い!!なんじゃこりゃ!!!
f:id:Zimpatch:20161107205858j:image
いくつになってもこういうのはワクワクしますね。
f:id:Zimpatch:20161107205938j:image

もう興奮が抑えきれません・・・!!

いざ、開封!!!
f:id:Zimpatch:20161107203737j:image

うわあああああああああ!!!

 

左が私のもので、右が髙橋和希君のオーダーしたもの。

私のは黄色強め!というのが拾われ、ピックガード下だけ赤省略ね、というので少し齟齬があり、赤みの弱いサンバーストでした。

サンバースト病の私としてはかなり歯がゆい思いもあるのですが、これはこれでよろしい。65年あたりのような引き締まった感じ。

和希君の方は60年の黒の縁取りが太い感じで迫力満点です。


f:id:Zimpatch:20161107203801j:image

うーん、文句無しでかっこいい。

メールで添付されていた時点では剥がしただけで、特に汚したりはしていなかったのですが、非常に細かい仕事です。


f:id:Zimpatch:20161107204245j:image
お気に入りの角度。

私の方は結構好き放題にレリックしてもらいました。バックならそんなに見えないし、どういう風にレリックするのか気になったので、どうせならと予定よりも大分マシマシです。

我ながらケチ臭いですね。

それにしても軽量で好みの音を鳴らしてくれそうな感触。

 

ネックを付けたりして、気持ちを昂らせていました。
f:id:Zimpatch:20161107204430j:image

ラッカー特有のしっとりとした質感が堪らないですね。黒もラッカーのものはどこか水々しいというか、触れたらそのまま吸い込まれてしまいそうな深みのあるカラーです。

 

次回はネック、といきたい所ですが、PUとアッセンブリーが先に揃いそうなのでそちらの報告になるかと思われます。

 

MJT、オススメです。回し者になってもいいくらいオススメです。

コスパが良いってのは大変ありがたいですね。

次回作る時も多分MJTに頼むことになりそうです。

既にボディをお持ちの方はリフィニッシュしてもらってもいいかもしれませんが、どうせなら新しいのを組みたくなっちゃうのでね。

しかも私の目は節穴なので中古で良いと思って買ってもハズレばっかり・・・

 

ちなみに予定通り4万円以内で収まりました。複数頼むのなら値段交渉してみてもいいかもしれません。送料も抑えられますしね。

 

みなさんもお一ついかがですか?

沼へ浸かってみませんか

 

では